So-net無料ブログ作成
検索選択

ミナミヌマエビの悲しい習性・・・ [日記]

こんばんは。

ミナミヌマエビを水槽で飼っているのですが、時々、共食いを見ることがあります。

先日、ミナミヌマエビの生態を詳しく書かれているHPを読んでみると、ミナミヌマエビ
は、基本的に動かないものは餌とみなすそうです。だから、抵抗するものを襲ってまで
食べないと書かれていました。

ひとつは、既に死んでしまっているエビを食べるケースが考えられるそうです。

また、成熟したメスが脱皮したときに、フェロモンが出るらしくて、準備が整っている
オスは、そのフェロモンに寄ってくるのですが、その勢いが凄いそうで、交尾できた
オスは問題ないらしいのですが、メスに辿りついたけれど交尾できなかったオスが
血迷うらしくて、なぜか?脱皮したてのメスを食べ始めるそうです><
(メスは交尾後、動けなくなります。)

狭い水槽内だと、1匹のメスに複数のオスがたどり着く可能性は高くなるので、脱皮
後に食べられるリスクが高くなるようです。

恐ろしいですが、エビの人口調整機能なのでしょうか?

ちなみに、オスはメスを追っかける為にウロウロするので、自然界では生存率は落ち
るらしいです。

そうなると、うちの水槽では天敵がいないので増えすぎたら。オスを選んで、魚の餌
にするべきかと、思いました。

しかし、交尾できないからといって、食べるなんて・・・ 性欲と食欲の区別ができなく
なるのでしょうかね?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。